【スポンサーリンク】

トマス・サトランスキー シーズン再開を望むオーナー陣を批判?

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、状況のさらなる悪化を防ぐためにシーズンを中断することを発表した。

当時中断期間は最低2週間と報じられていたものの、現時点での既定路線は2カ月だ。

シーズン中止の可能性も否定できないが、収益などの関係上、NBAはどこかの時点で再開すると見られている。

しかし、チェコ共和国出身のトマス・サトランスキーは、シーズン中止を望んでいるのかもしれない。サトランスキーのコメントをThe Daily Heraldが伝えている。

「ここ(アメリカ)に留まり、大金を失わないようシーズンを再開させようとしてるチームのオーナーたちの様子を見てるのは、まったくおもしろくないね。本当におもしろくない。なぜなら、妻と娘がいる俺はチェコ共和国に帰国したいんだ」

「シーズンを中断すべきだと思う。だけど、俺が決めることじゃない」

特にヨーロッパ諸国で猛威をふるっており、チェコで暮らすサトランスキーの家族は不安な毎日を送っている。

サトランスキーとしても、不安な時期を家族と一緒に過ごし、乗り越えたいところであろう。

サトランスキーが所属するシカゴ・ブルズは現在、イースタン・カンファレンス11位。

同8位オーランド・マジックとのゲーム差は8だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA