【スポンサーリンク】

クリスタプス・ポルジンギス「ダーク・ノビツキーと対戦できて良かった」

ダラス・マーベリックス一筋のキャリアを送ったダーク・ノビツキーは、昨季限りで現役を引退した。

昨季中のトレードでマブスに加わったクリスタプス・ポルジンギスにとってノビツキーは憧れの存在であり、チームメイトとして一度はプレイしたかったことだろう。

実際、昨季終盤に復帰し、ノビツキーと一緒にプレイするという誘惑に駆られていたようだ。

ポルジンギスは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「(昨季の)ラスト10、15ゲーム、(ノビツキーと)すごくプレイしたかった。でも彼と(練習で)対戦するチャンスがあって嬉しかったよ。彼は俺のアイドルのひとりだったからね。ああいう経験ができたのは素晴らしかった」

ポルジンギスがニューヨーク・ニックスに在籍していた当時、ノビツキーは同じ年齢の時の自身と比較し、ポルジンギスをべた褒めしていた。

残念ながら同じユニフォームを着てNBAコートに立つことは叶わなかったが、ノビツキーイズムはポルジンギスをはじめとした若手たちが引き継いでいくことだろう。

なお、ポルジンギスはキャリア3年でレギュラーシーズン通算186試合に出場し、平均31.0分のプレイで17.8得点、7.1リバウンド、1.3アシスト、2.0ブロックショット、FG成功率43.7%、3P成功率36.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA