【スポンサーリンク】

ドノバン・ミッチェル「レブロン・ジェイムスの“The Decision”はクールだった」

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスは今から約10年前、クリーブランド・キャバリアーズからマイアミ・ヒートへ移籍した。

ヒートでドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュとビッグ3を形成したジェイムスには「NBAチャンピオンになるために簡単な道を選んだ」、「クリーブランドを裏切った」などと批判が集中。

“The Decision”と呼ばれたジェイムスの決断に多くのファンは怒り、ジェイムスのユニフォームを燃やすなど過激な動きも見られた。

一方、当時13歳だったドノバン・ミッチェルは、ジェイムスの“The Decision”を喜んだという。

ニューヨーク州出身のミッチェルは当時を振り返り、次のようにコメント。The Salt Lake Tribuneが伝えている。

(“The Decision”は)クールだった。

僕はちょうど外にいたのだけれど、クールだった。

あの時、彼にはマイアミに行ってほしかった。

彼にリングを手にしてもらいたかったんだ。

動揺した人がたくさんいたのを覚えているよ。

ニックスファンが多かった。

グリニッジはニューヨークにすごく近いからね。

だが間違いなくクールだった。

“The Decision”の後、ジェイムスはヒートの一員として2度のタイトル獲得に貢献。

その後キャブスに復帰し、チームをフランチャイズ初となるNBAチャンピオンに導いた。

その実績を考えれば“The Decision”は正しかったのかもしれないが、これからも何かしらにつけ議論されることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA