【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス 息子がゲームに16000ドル課金したことを明かす

シーズンが中断されている間、多くのNBAプレイヤーは自宅でゲームを楽しんでいる。

オンラインゲームを通してファンとつながりを持っているプレイヤーもいるが、元NBAプレイヤーのケンドリック・パーキンスにとって、特に課金型のゲームは天敵なのかもしれない。

パーキンスによると、息子がゲームに1万6000ドルという大金を課金していたという。パーキンスのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「私はビデオゲームが嫌いだ。息子はゲームのことで私を激怒させた。(息子を)甘やかしてるわけじゃない。ゲームが俺を激怒させたんだ。家庭ではフォートナイトとNBA2Kばかり。怒り狂うよね」

「私のクレジットカードの請求が来た。私は店に行かなきゃいけなかった。クレジットカードが使えなくなったからね。そしたら、私の息子が私のクレジットカードを使い、フォートナイトに1万6000ドル分課金してたことが分かったんだ」

パーキンスによると、息子はフォートナイトでスキンを購入するため、毎日課金していたという。

これほど大金を課金していたのだから、息子は偉大な父親に散々絞られたことであろう。

パーキンスは息子を今の脅威だけでなく、課金型のゲームからも隔離しなければならないようだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    管理人さん、タイトルは16000ドルで記事は16000円になってます。

*

CAPTCHA