【スポンサーリンク】

ザザ・パチュリア「ディロン・ブルックスはダーティーではない」

ザザ・パチュリア「ディロン・ブルックスはダーティーではない」

メンフィス・グリズリーズのディロン・ブルックスは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第4戦でウォリアーズファンからブーイングを浴び続けた。

ブルックスが第2戦でウォリアーズのゲイリー・ペイトンⅡの頭部にエルボーを見舞い、それがペイトンⅡの左肘骨折につながってしまったためだ。

だが、現役時代にダーティープレイヤーとして評価されていたザザ・パチュリアによると、ブルックスの行為はハードにプレイした結果であり、ブルックスはダーティープレイヤーではないという。

現在ウォリアーズのアドバイザーを務めているパチュリアは、ブルックスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

48分間すべてのポゼッションでハードにプレイする。

特にプレイオフではコントロールが効かなくなってしまう時がある。

プレイスタイルがハードな選手をダーティーと呼ぶのはフェアではないんじゃないかな。

ブルックスについては、僕はそう思っている。

彼はレギュラーシーズンでもハードにプレイするんだ。

パチュリアはウォリアーズのアドバイザーであるため、パチュリアに反感を覚えたウォリアーズファンは少なくないかもしれない。

だが、パチュリアにはダーティーなファウルでカワイ・レナードをNBAプレイオフ全休に追い込んだ過去がある。

もしパチュリアがブルックスを「ダーティープレイヤー」と評価していたら、ブーメランとなって彼に返ってきただろう。

つまり、パチュリアがブルックスをダーティープレイヤーと糾弾したとしても、ハードプレイヤーと擁護したとしても、批判を浴びたに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ✕ブルックスはダーティーじゃない
    ○ブルックス程度のダーティーさじゃザザの足元にも及ばない

  2. By 匿名

    ある意味、炎上回避したのか

  3. By 匿名

    なるほど、こいつはこういう思考だから現役の時あんなことができたのか。どうしようもない人間だな。

*

CAPTCHA