【スポンサーリンク】

マービン・バグリーⅢのエージェントがキングスの対応を強烈批判

マービン・バグリーⅢのエージェントがキングスの対応を強烈批判

NBAキャリア4年目を迎えているサクラメント・キングスのマービン・バグリーⅢには、トレードの噂が浮上していた。

バクリーⅢは十分な出場機会を与えられないことに不満を持ち、トレードを望んでいるというが、キングスが昨季中およびオフシーズン中にバグリーⅢをトレードで放出することはなかった。

この状況を受け、キングスとバグリーⅢの関係は悪化してしまうかもしれない。

バグリーⅢのエージェントを務めるジェフ・シュワルツによると、キングスはトレードに応じないにも関わらずバグリーⅢをローテーションから外すことを決定したという。シュワルツのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

彼らが彼に対する未来の計画を立てていないのは明らかだ。

昨季のデッドラインと今年の夏、彼らは彼らの価値に基づいて対処を見送った。

彼らは彼をチームに戻したにも関わらず、彼にプレイさせないと言う。

完全に矛盾した対処を選択したんだ。

キングスの組織による間違ったマネジメントのケーススタディになるだろうね。

キングスはディアーロン・フォックス、タイリース・ハリバートン、デイビオン・ミッチェルを中心として戦っていくと見られている。

また、4番のポジションはハリソン・バーンズとモーリス・ハークレス、5番のポジションはリショーン・ホームズ、トリスタン・トンプソン、アレックス・レンを起用すると見られているため、バグリーⅢが出場機会を得ることはほとんどないだろう。

キングスがまだ22歳と若く、将来性のあるバグリーⅢをなぜローテーションから外したのか疑問が残るところだが、バグリーⅢの未来が犠牲にならないことをただ祈りたいところだ。

なお、バグリーⅢは来年夏に制限付きFAになる。

バグリーⅢの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数4343
平均出場時間25.925.5
平均得点14.1
(キャリアワースト)
14.5
平均リバウンド7.4
(キャリアワースト)
7.5
平均アシスト1.0
(キャリアハイタイ)
1.0
平均スティール0.50.5
平均ブロックショット0.5
(キャリアワースト)
0.8
平均ターンオーバー1.41.5
FG成功率50.4%
(キャリアハイタイ)
50.0%
3P成功率34.3%
(キャリアハイ)
31.4%
フリースロー成功率57.5%
(キャリアワースト)
66.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA