【スポンサーリンク】

イートワン・ムーア「僕がプレイしていればサンズのNBAチャンピオンに貢献できた」

イートワン・ムーア「僕がプレイしていればサンズのNBAチャンピオンに貢献できた」

ベテランガードのイートワン・ムーアは、このオフシーズン中にオーランド・マジックと契約した。

昨季はフェニックス・サンズの一員としてプレイしたもののローテーションから外され、NBAプレイオフでは十分な出場時間を得ることができなかったムーア。

だが、ムーアによると、もしNBAファイナルで十分な出場時間を得ていれば、サンズはミルウォーキー・バックスを下してNBAタイトルを獲得できたという。

ムーアはサンズでの昨季を振り返り、次のようにコメント。azcentral.comが伝えている。

他にシュートを決められる選手がいたら。

他にハンドリングできる選手がいたら。

もし僕がプレイしていたら、ミルウォーキーに問題をもたらすことができただろう。

ファイナルでの勝利を間違いなく手助けできたと思う。

シーズン終盤やプレイオフに向けて、もっと出場機会が欲しかった。

嘘ではないよ。

コートに出たくてうずうずしていたんだ。

ムーアはNBAキャリアを通して3P成功率38.8%を記録するなど、シュートを得意としている。

だが、ここ数年の出場機会は減少傾向にあり、再建中のマジックでプレイする来季はNBAキャリアを分ける時間ともなるだろう。

サンズをNBAチャンピオンに導くことはできなかったものの、マジックをNBAプレイオフ復帰に導き、NBAキャリアを取り戻したいところだ。

なお、ムーアの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数27598
平均出場時間14.421.0
平均得点4.97.9
平均リバウンド1.72.0
平均アシスト1.51.8
平均スティール0.60.7
平均ターンオーバー0.90.9
FG成功率45.5%45.5%
3P成功率31.4%38.8%
フリースロー成功率85.7%74.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA