【スポンサーリンク】

シャキール・オニールがベン・シモンズに「腰が痛いなら歩くな」

シャキール・オニールがベン・シモンズに「腰が痛いなら歩くな」

ブルックリン・ネッツのベン・シモンズは、ボストン・セルティックスとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第4戦で復帰すると見られていた。

シモンズはチームメイトたちとともにワークアウトできるまでに回復し、メディアに対して「これを撮影してくれ」とダンクする様子を映像に残すよう頼んだこともあった。

だが、腰の痛みが再発し、結果的に今季を全休することになったわけだが、これまでシモンズを擁護し続けてきたNBAレジェンドのシャキール・オニールの堪忍袋も切れてしまったのかもしれない。

シモンズと同じルイジアナ州立大学出身のオニールは、シモンズについて次のように指摘したという。fadeawayworld.netが伝えている。

腰については医者でも正確に診断するのは難しい。

膝や足首、手であれば診断できるが、腰は診断できない。

誰かが「腰が痛い」と言えば、それを信じなければならない。

だが、ジャンプしたりしているなら、腰に痛みはないということだ。

ああいったことをやっているなら、腰は痛くないはずだ。

腰が痛いかもだって?

誰だって腰が痛い。

僕は15年プレイしていないが、腰、膝、足首に痛みがある。

だからこそ、あのようなことをしている男は人々からリスペクトされないんだ。

だからこそ人々はベンに怒り、リスペクトしない。

僕は携帯電話を通して仲間の男と会う。

パソコンを通して素敵な女性と会う。

彼らは懸命に働いているが、おそらく200万ドルという大金を見ることはないだろう。

彼らは疲れているし、腰が痛い。

それでも彼らから不平不満を聞かない。

不平不満を言うことを許されていないんだ。

腰が痛いからといって、なぜ3000万ドルを稼いでいる男が仕事に行けないんだ?

腰に痛みがあるなら歩くな。

シモンズはファーストラウンド最終戦に姿を見せず、スタジアムを訪れることもなかったという。

一部では「仲間たちが必死に戦っている時に、彼は家でテレビゲームをして遊んでいた」などといった指摘も出ているが、シモンズがコートで結果を出さない限り、厳しい批判が鳴り止むことはないだろう。

相当なプレッシャーを感じているであろうシモンズには、来季すべての批判を打ち消すパフォーマンスを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    メンタルに問題があるなら治るまで出てくるな。腰の痛みで試合出れないくらいならシュート練習なんかせず休んでろ。

  2. By 匿名

    擁護に切り替えてたよ
    シャックとしては無理してたけどね

  3. By 匿名

    擁護…?
    一貫して批判しかしてなくないか?

  4. By 匿名

    地元メルボルン・ユナイテッドで馬場雄大と共演してくれ
    故郷さえ許さないかもだけど

*

CAPTCHA