【スポンサーリンク】

ポール・ピアース「ヤニス・アンテトクンポは世界最高の選手」

ポール・ピアース「ヤニス・アンテトクンポは世界最高の選手」

ヤニス・アンテトクンポ擁するミルウォーキー・バックスは、フランチャイズ50年ぶりとなるNBAチャンピオンに輝いた。

アンテトクンポはNBAファイナル第6戦で50得点を記録し、バックスを牽引。

NBAファイナルMVPに輝き、またひとつ偉業を成し遂げた。

https://www.youtube.com/watch?v=b1-TLSS4oag

そんな中、NBAレジェンドのポール・ピアースがアンテトクンポに言及した模様。

ピアースはNBAファイナルの決着がつく前に、アンテトクンポについて以下のように語っていたという。lakersdaily.comが伝えている。

もしヤニスがチャンピオンになれば、彼がキングだ。

彼は世界最高の選手さ。

彼の数字を見てみてくれ。

平均30本のフィールドゴールアテンプトでFG成功率60%の選手が他にいるかい?

彼がもたらすインパクトは否定できない。

シャック(シャキール・オニール)もそうだった。

皆がヤニスにすべてを求めている。

彼はクローザーではない。

だからこそ、その役割を担える(クリス・)ミドルトンとジュルー・ホリデーが必要だ。

彼はクローザーではないが、その間のことはすべてやっている。

KD(ケビン・デュラント)やブロン(レブロン・ジェイムス)はクローザーさ。

だが、現時点で最高の選手はヤニスだ。

MVPを2度受賞している彼がチャンピオンになったらどうなる?

コービー・ブライアント引退後のNBAは、レブロン・ジェイムスを中心に回っていた。

現在はデュラントをNBA最高の選手と評価する者が多いというが、バックスがNBAチャンピオンになったことを受け、アンテトクンポをNBA最高の選手と評価する者は確実に増えるだろう。

26歳という若さにしてレギュラーシーズンMVP、ファイナルMVP、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、MIPと賞を総なめにしているアンテトクンポ。

NBAは今後しばらくアンテトクンポを中心に回っていくに違いない。

なお、ジェイムス、デュラント、アンテトクンポの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

L・ジェイムスK・デュラントG・アンテトクンポ
出場試合数453561
平均出場時間33.433.133.0
平均得点25.026.928.1
平均リバウンド7.77.111.0
平均アシスト7.85.65.9
平均スティール1.10.71.2
平均ブロックショット0.61.31.2
平均ターンオーバー3.73.43.4
FG成功率51.3%53.7%56.9%
3P成功率36.5%45.0%30.3%
フリースロー成功率69.8%88.2%68.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA