【スポンサーリンク】

ジェイソン・キッドHC「クリスタプス・ポルジンギスは我々の武器」

ジェイソン・キッドHC「クリスタプス・ポルジンギスは我々の武器」

ダラス・マーベリックスのクリスタプス・ポルジンギスは昨季、フロアスペーサーとしての役割しか与えられないことに不満を感じていた。

ルカ・ドンチッチとの相性問題も指摘され、トレードの噂が浮上したポルジンギス。

だが、ヘッドコーチに就任したジェイソン・キッドはポルジンギスに期待を寄せており、よりたくさんの役割を任せることを検討しているという。

キッドHCはポルジンギスについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

簡単に言うと、KP(ポルジンギス)にはバスケットボール選手になってもらいたい。

3Pシュートだけでは限界がある。

彼はピック&ロールやミッドレンジシュートなどもできる。

彼には自分が何者なのか知ってもらいたい。

彼はバスケットボール選手だ。

ただ3Pやコーナーからシュートを撃つのではなく、どの位置においても快適にプレイしてもらいたい。

彼は我々にとって武器だと思っている。

彼はシュートを撃つのがすごくうまいから、ミッドレンジも撃てるんだ。

ポルジンギスは昨季終了後にトレード要求が頭をよぎったというが、マブスがリック・カーライルと決別し、キッドを採用したことから、マブスでプレイし続ける決心をしたという。

もしポルジンギスが健康を保ち、コート中でプレイできるようになれば、マブスにとって間違いなく大きなオプションとなるだろう。

ポルジンギスにはNBAキャリア序盤のようなパフォーマンスを取り戻し、ドンチッチとともにマブスを牽引してもらいたいところだ。

なお、キッドHCは先発センターのポジションにドワイト・パウエルを起用し、ポルジンギスを4番のポジションでプレイさせると見られている。

ポルジンギスの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数43286
平均出場時間30.931.1
平均得点20.118.7
平均リバウンド8.97.8
平均アシスト1.61.5
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.7
平均ブロックショット1.3
(キャリアワースト)
1.9
平均ターンオーバー1.21.7
FG成功率47.6%
(キャリアハイ)
44.1%
3P成功率37.6%36.1%
フリースロー成功率85.5%
(キャリアハイ)
80.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA