【スポンサーリンク】

グリズリーズのブランドン・クラークがディロン・ブルックスのハードファウルについて「すべきではなかった」

グリズリーズのブランドン・クラークがディロン・ブルックスのハードファウルについて「すべきではなかった」

NBAは現地5日、メンフィス・グリズリーズのディロン・ブルックスに対して1試合の出場停止処分を科したことを発表した。

ブルックスはゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第2戦でゲイリー・ペイトンⅡの頭部にエルボーを見舞い、フレイグラントファウル2で一発退場。

ペイトンⅡは左肘を骨折し、少なくとも5週間は離脱することになった。

ブルックスに対する1試合の出場停止処分については「厳しすぎる」という声も少なくないというが、ブルックスのチームメイトであるブランドン・クラークはNBAの決定が正しいと感じているのかもしれない。

クラークはブルックスのハードファウルについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

映像でもう一度確認してみた。

ディロンのファウルは明らかにハードすぎるものであり、すべきではなかった。

だが、厳しいね。

どの試合においても誰かが怪我してしまうようなケースはある。

しかし、フレイグラントファウルによって誰かが怪我するのは見たくない。

ディロンの気持ちも分かるが、あれはゲームの悪い側面のひとつなんだ。

僕たちはここから前に進みたい。

ブルックスのフレイグラントファウル2については、NBAレジェンドのアイザイア・トーマスなどが擁護している。

とはいえ、あのファウルは回避することができたものであり、1試合の出場停止処分は妥当だろう。

いずれにせよ、ウォリアーズのホームで行われる第4戦で、ウォリアーズファンはブルックスに強烈なブーイングを浴びせることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    壊した側が1試合出場停止
    壊された側がシーズンアウトの危機
    全然妥当では無いよ
    これじゃ壊した者勝ちじゃんね

  2. By 匿名

    これがMEMの若さなのかな。MILはNBA史上最悪クラスのアレンのファウルを批判する選手はいなかった。

*

CAPTCHA