【スポンサーリンク】

フランク・ボーゲルHCが主力陣の負傷離脱について「手に負えない」

フランク・ボーゲルHCが主力陣の負傷離脱について「手に負えない」

ロサンゼルス・レイカーズは現地29日にダラス・マーベリックスに敗れ、順位をプレイインゲーム出場圏外のウェスタン・カンファレンス11位に落とした。

NBAオールスターのレブロン・ジェイムス不在のレイカーズは序盤からマブスに主導権を握られ、前半だけで82失点を喫すると、後半に入っても流れを掴むことができず、為すすべなく敗れてしまった。

今季のレイカーズはアンソニー・デイビスなど主力たちの負傷離脱に苦しめられているが、レイカーズを指揮するフランク・ボーゲルHCもお手上げの状態なのかもしれない。

主力陣に怪我が相次ぐレイカーズについて、ボーゲルHCは次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

そういうシーズンになってしまっている。

選手たちを一緒にコートに立たせようとすると、怪我してしまう。

そういった試合が17~18試合あったんじゃないかな。

これから増える可能性もある。

我々の手に負えないことのひとつであり、不運だ。

だが、我々は再び集中しなければならない。

シーズンを通してやってきたように、誰がコートに立とうと我々のアイデンティティを見せなければならない。

足首を負傷したジェイムスは先日、「かなり痛い」とし、24時間体制で治療を受けることを明かした。

ボーゲルHCによると、ジェイムスの足首は予想通り腫れ上がっているという。

ジェイムスは現地31日のユタ・ジャズ戦を欠場する可能性が高いと見られている。

ジャズ戦の翌日にニューオーリンズ・ペリカンズとの試合を控えているため、おそらくその日に焦点を合わせるだろう。

なお、ジェイムスと、すでにフル練習に復帰しているデイビスのジャズ戦出場について、ボーゲルHCは「当時の状態を見て判断する」としている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA