【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「ラッセル・ウェストブルックはレブロン・ジェイムスに立ち向かわなければならない」

ケンドリック・パーキンス「ラッセル・ウェストブルックはレブロン・ジェイムスに立ち向かわなければならない」

今季のロサンゼルス・レイカーズはNBAオールスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックを中心としたチームだ。

彼らの中で最も重要なのは、やはりNBAを代表するスーパースターのジェイムスだろう。

だが、レイカーズのポイントガードはウェストブルックであり、元NBA選手のケンドリック・パーキンスによると、ウェストブルックはジェイムスに気後れすることなくオフェンスを指揮しなければならないという。

パーキンスはウェストブルックについて以下のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼(ジェイムス)に立ち向かわなければならない。

彼に「そこをどけ」と言えるようにならなければならない。

レブロン・ジェイムスがコートにいる時のラジョン・ロンドのようにならなければならない。

ロンドはブロンに「走れ」、「そこをどけ」と言うのをためらわないんだ。

ジェイムスと共にコートに立っている時のウェストブルックは、まだ遠慮しているように見える時がある。

ジェイムスは明日のクリッパーズ戦で復帰するため、ウェストブルックはこの間に司令塔としてのポジションを確固たるものとし、ジェイムスに臆しないプレイを見せてもらいたいところだ。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数23966
平均出場時間36.234.8
平均得点20.723.1
平均リバウンド8.27.4
平均アシスト8.68.5
平均スティール1.3
(キャリアワーストタイ)
1.7
平均ターンオーバー4.74.1
FG成功率44.5%43.8%
3P成功率30.7%30.5%
フリースロー成功率68.4%78.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA