【スポンサーリンク】

パトリック・ビバリー「アンソニー・エドワーズはスポンジのよう」

パトリック・ビバリー「アンソニー・エドワーズはスポンジのよう」

2020年のNBAドラフト1位選手であるミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズは、今季2試合を終えた時点で平均24.0得点と、期待を上回るパフォーマンスを見せている。

これからさらに成長し、ウルブズはもちろんNBAを代表するスーパースターになることを期待したいところだが、ベテランガードのパトリック・ビバリーによると、エドワーズには常に学ぼうとする姿勢があるという。

ビバリーはエドワーズについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

誰かを貶めようとしているわけではないが、多くの若手選手、特にドラフト1位選手は、すでに自分自身を理解していると思っている。

彼(エドワーズ)は常に目を輝かせ、しっぽを振り、学ぶことを強く望んでいる。

まるでスポンジのようだ。

彼はスポンジのようにすべてを吸収してしまうんだ。

エドワーズ擁するウルブズは、今季2試合を終えた時点で全勝を記録している。

カール・アンソニー・タウンズは「アイデンティティが形成されていない」とチームの状況に警鐘を鳴らしているものの、エドワーズの飛躍はポジティブな材料と言えるだろう。

エドワーズはこれからもベテラン選手たちから多くを学び、NBA選手として成長し続けるに違いない。

なお、エドワーズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数274
平均出場時間34.032.2
平均得点24.019.5
平均リバウンド7.54.7
平均アシスト4.03.0
平均スティール1.01.1
平均ターンオーバー2.52.2
FG成功率41.9%41.7%
3P成功率45.0%33.3%
フリースロー成功率75.0%77.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA