【スポンサーリンク】

スコッティ・バーンズにとってレブロン・ジェイムスは憧れではなくライバル?

スコッティ・バーンズにとってレブロン・ジェイムスは憧れではなくライバル?

2021年のNBAドラフト4位でトロント・ラプターズに入団したスコッティ・バーンズは、ルーキーながらラプターズを牽引するパフォーマンスを見せている。

現地18日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦ではNBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスを相手にしてもまったく怯むことなく、キャリアハイとなる31得点、17リバウンドを記録したバーンズ。

ジェイムスは多くの若手NBA選手に影響を及ぼしているというが、バーンズにとってのジェイムスは憧れの対象ではなかったのかもしれない。

バーンズはレイカーズ戦を終えた後に「子供の頃の君にとってレブロンはどんな存在だった?」と質問されると、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はコービー(・ブライアント)の大ファンだった。

だから、(ジェイムスは)ライバルのような感じだったんだ。

もちろんレブロンはこのゲームでたくさんの偉業を達成している。

殿堂入りする選手だし、このゲームに大きな影響をもたらし、たくさんの人々のために道を切り拓いた男だ。

サイズと身体能力がある。

僕のようなサイズがあり、ドリブルもできるし、コートでたくさんのことをこなせる。

もちろん彼はたくさんの若手選手たちに影響をもたらしたと思うよ。

まだ20歳と若いバーンズはこれからNBA選手として経験を積み、成熟していくだろう。

ブライアントに憧れて育ったというバーンズは、ブライアントのような強靭なメンタルを武器にNBAで戦い続けるに違いない。

なお、バーンズ、ブライアント、ジェイムスのルーキーシーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

S・バーンズK・ブライアントL・ジェイムス
出場試合数627179
平均出場時間35.715.539.5
平均得点15.57.620.9
平均リバウンド7.71.95.5
平均アシスト3.41.35.9
平均スティール1.20.71.6
平均ターンオーバー1.91.63.5
FG成功率49.4%41.7%41.7%
3P成功率31.4%37.5%29.0%
フリースロー成功率73.5%81.9%75.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA