【スポンサーリンク】

ブレイザーズがCJ・マッコラムに対するトレードオファーを拒否?

ブレイザーズがCJ・マッコラムに対するトレードオファーを拒否?

ポートランド・トレイルブレイザーズは、このオフシーズン中にNBAチャンピオンを狙えるロスターを構築すると見られている。

ブレイザーズはこれまでデイミアン・リラードとCJ・マッコラムを中心としてやってきたが、リラードが最も重要な選手であるのは間違いない。

そのため、マッコラムをトレードで放出し、ロスターを再編すると報じられているが、ブレイザーズにはすでに他のNBAチームからトレードオファーが届いている模様。

だが、即戦力となれるベテラン選手とのトレードでない限り、ブレイザーズがオファーに応じることはないかもしれない。

clutchpoints.comによると、ブレイザーズには他のチームからCJ・マッコラムに対するトレードオファーがいくつか届いているが、どのチームもNBAドラフト上位指名権とのトレードをオファーしてきたため、ブレイザーズは拒否したという。

ミルウォーキー・バックスはヤニス・アンテトクンポとクリス・ミドルトン、ブルックリン・ネッツはケビン・デュラントとカイリー・アービングとジェイムス・ハーデン、ロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスといったように、NBAタイトルコンテンダーには素晴らしい1番手と2番手がいる。

リラードは1番手として申し分ないが、マッコラムは他のNBAタイトルコンテンダーの2番手と比較すると見劣りすると評価されているため、ブレイザーズはNBAオールスタークラスの2番手の獲得を望んでいるという。

つまり、NBAドラフト指名権や若手選手ではなく、NBAタイトルコンテンダーの2番手たちと並ぶ選手とのトレードであれば、オファーに応じる可能性は十分あるということだろう。

なお、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズとのトレードも噂されているが、ブレイザーズはまだシクサーズにアプローチを仕掛けていないと報じられている。

マッコラムの2020-21シーズンとNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数47528
平均出場時間34.031.2
平均得点23.1
(キャリアハイ)
18.9
平均リバウンド3.93.4
平均アシスト4.7
(キャリアハイ)
3.3
平均スティール0.90.9
平均ターンオーバー1.41.7
FG成功率45.8%45.5%
3P成功率40.2%39.8%
フリースロー成功率81.2%82.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA