【スポンサーリンク】

リアンジェロ・ボール「僕はゲームを難しくしすぎない」

リアンジェロ・ボール「僕はゲームを難しくしすぎない」

シャーロット・ホーネッツの一員としてNBAサマーリーグに出場したリアンジェロ・ボールは、ホーネッツの首脳陣から高い評価を得ることができた。

アウトサイドシュートだけでなく、ディフェンスもできることを証明し、ホーネッツのロスター入りに一歩近づいたボール。

ホーネッツのリードアシスタントコーチを務めるジェイ・トリアーノはボールの労働観に感銘を受けたというが、ボールは自身をどう見ているのだろうか?

ボールによると、自身の役割を正しく認識し、それをまっとうすることに専念しているという。ボールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(ロスター入りは)コーチが決めることだ。

だが、僕は準備ができていると思っている。

NBAであろうとサマーリーグであろうとね。

彼らは僕に何をすべきか教えてくれたから、準備はできているよ。

僕はゲームを難しくしすぎない。

もしオープンショットのチャンスがあれば撃つ。

自分のショットにはすごく自信を持っている。

練習しているからね。

サマーリーグでのボールのパフォーマンスを見る限り、NBAでスターターとして活躍するのは難しいだろう。

だが、スポットシューターやディフェンダーとして貢献できる可能性は十分ある。

サマーリーグが終わった今、果たしてホーネッツはボールをどう評価しているのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA