【スポンサーリンク】

ウォリアーズとペリカンズがケリー・ウーブレのトレードを交渉か?

ウォリアーズとペリカンズがケリー・ウーブレのトレードを交渉か?

オフシーズン中のトレードでゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したケリー・ウーブレには、今季全休の怪我を負ったクレイ・トンプソンの穴を埋める働きが期待されていた。

だが、アウトサイドショットのリズムを掴むことができず、今季の3P成功率はNBAキャリアワーストとなる21.8%にとどまっている。

この状況を受け、ウーブレにトレードの噂が浮上した模様。

RealGMによると、ウォリアーズはウーブレのトレードの関し、ペリカンズが交渉しているという。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCは先日、ウーブレのアウトサイドショットについて「心配していない」とし、またスターターから外すことについて「考えてない」としていた。

だが、ウーブレは今季終了後にFAになるため、トレードで見返りを得ておきたいところなのかもしれない。

ただし、現時点ではウォリアーズとペリカンズのトレード交渉に進展は見られないと報じられている。

なお、ペリカンズ側にはロンゾ・ボールとJJ・レディックにトレードの噂が浮上している。

ウーブレの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数17365
平均出場時間28.124.3
平均得点11.610.9
平均リバウンド5.54.2
平均アシスト1.21.0
平均スティール1.20.9
平均ターンオーバー2.21.0
FG成功率35.5%
(キャリアワースト)
42.7%
3P成功率21.8%
(キャリアワースト)
32.2%
フリースロー成功率74.0%77.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA