【スポンサーリンク】

足の腱負傷で離脱中のジェイムス・ハーデンがシューティングに取り組む

足の腱負傷で離脱中のジェイムス・ハーデンがシューティングに取り組む

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンは現地3日、右足の腱を負傷し、少なくとも1ヶ月は離脱する見込みと報じられた。

現在復帰に向けて治療とリハビリを続けているというが、当初の予定通り1ヵ月程度でNBAゲームに復帰できるかもしれない。

clutchpoints.comによると、ハーデンは保護ブーツを外し、現地16日にチーム練習後のシューティング練習に復帰したという。

ただし、シクサーズを指揮するドック・リバースHCは、ハーデンがチーム練習には参加しなかったことを明かしている。

ハーデンは通常、チーム練習を終えた後にアシスタントコーチのサム・キャセールとシューティング練習に取り組んでいる。

つまり、日常のルーティンに復帰したことになるが、現在は主にトレッドミルを使ったトレーニングやコート上でのワークアウトに取り組んでいると報じられている。

今季のシクサーズは好スタートを切ることができなかったものの、ここ最近はNBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードを中心として調子を取り戻しつつあり、現在7勝7敗でイースタン・カンファレンス9位。

ハーデンの離脱はもうしばらく続くが、この期間を乗り越え、万全の状態でハーデンを迎え入れたいところだ。

なお、ハーデンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数9951
平均出場時間36.834.6
平均得点22.024.9
平均リバウンド7.05.6
平均アシスト10.06.8
平均スティール1.11.5
平均ターンオーバー2.93.7
FG成功率44.1%44.2%
3P成功率33.3%36.1%
フリースロー成功率92.9%86.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA