【スポンサーリンク】

ニックスがRJ・バレットのディフェンスの負担を懸念?

ニックスがRJ・バレットのディフェンスの負担を懸念?

NBAキャリア4年目を迎えているRJ・バレットは、ニューヨーク・ニックスにおいて重要な選手のひとりだ。

だが、今季はシュートタッチを掴むことができず、3試合を終えた時点でFG成功率34.6%、3P成功率18.8%にとどまっている。

ニックスはその状況を懸念しているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ニックスの組織の中には、ジェイレン・ブランソンが加わったことによりバレットのディフェンスの負担が増え、それがシュートタッチにつながってしまっていると懸念しているメンバーが複数いるという。

ブランソンは優れたプレイメーカーだが、サイズに恵まれているわけではない。

ダラス・マーベリックス時代はドリアン・フィニー・スミスやレジー・ブロックといった優れたウィングディフェンダーがいたためブランソンのサイズ不足を補うことができた。

だが、ニックスには優れたウィングディフェンダーが多くなく、バレットが奮闘している状況だ。

ニックスがNBAプレイオフに復帰するためには、バレットが調子を取り戻すことが不可欠だろう。

とはいえ、まだ今季3試合を終えたのみであり、バレットは次第にアジャストし、これまでのような素晴らしいパフォーマンスを取り戻すに違いない。

なお、バレットの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数3201
平均出場時間34.333.5
平均得点16.317.5
平均リバウンド5.75.6
平均アシスト2.72.9
平均スティール0.00.8
平均ターンオーバー2.02.1
FG成功率34.6%41.7%
3P成功率18.8%35.4%
フリースロー成功率83.3%69.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA