【スポンサーリンク】

足首の怪我を乗り越えて勝利に貢献したデニス・シュルーダー「すべてはチームのため」

足首の怪我を乗り越えて勝利に貢献したデニス・シュルーダー「すべてはチームのため」

ロサンゼルス・レイカーズは現地1日、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ディアンジェロ・ラッセルとスターター3人を怪我で欠きながらもオクラホマシティ・サンダーに勝利した。

この日はラッセルに代わってスターターで出場したデニス・シュルーダーが3本の3ポイントを含む26得点を記録し、勝利に貢献。

シュルーダーは試合中に足首を捻挫したものの、テーピングを施してプレイを続行した。

シュルーダーによると、怪我をおしてプレイしたのは、チームの勝利を助けるためだったという。シュルーダーのコメントをlakersnation.comが伝えている。

すべてはチームのためだ。

僕たちはプレイオフ進出を狙っている。

今夜はADが欠場した。

レブロンも離脱中だ。

僕はチームの勝利を助けるために努力しただけさ。

全員がチームにコミットしている。

全員が闘争心を持っている。

何があっても共にプレイし、勝利を手繰り寄せる。

それが最も重要なことだ。

この日はシュルーダーの他、トロイ・ブラウンJrとオースティン・リーブスが19得点、ロニー・ウォーカーが13得点、モー・バンバが12得点、マリク・ビーズリーが11得点を記録。

また、八村塁が9リバウンド、3ブロックショット、ウェニエン・ゲイブリルが10リバウンドと、まさにチームで勝ち取った勝利だった。

ジェイムスは少なくとも3週間復帰できない見込みだが、レイカーズはサンダーに勝利したことで結束力を高めたに違いない。

なお、シュルーダーのサンダー戦のスタッツは以下の通りとなっている。

OKC戦
出場時間37:15
得点26
リバウンド2
アシスト6
スティール2
ブロック1
TO3
FG成功率44.4%
(8/18)
3P成功率50.0%
(3/6)
FT成功率87.5%
(7/8)
+/-+16

【スポンサーリンク】

コメントを残す