【スポンサーリンク】

アダム・シルバーが高齢コーチの帯同を許可?

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、シーズンを再開したとしても高齢のコーチの帯同については検討事項であることを明かした。

65歳以上になると健康リスクが高いというデータがあるため、帯同を認めないことも含めて検討するとしていたシルバー。

それから時間が過ぎ、コーチの帯同を認める方向で検討し始めた模様。

larrybrownsports.comによると、シルバーは65歳以上のコーチの帯同について次のように話したという。

まずはコーチたちの健康と安全が第一だ。

ただ、60代や70代のコーチが30代や40代の人間より健康である可能性も十分ある。

年齢だけで判断すべきではない。

すべてのコーチにとって安全かつ公平になるよう決断する。

現職で65歳以上のNBAコーチはサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(71)、ヒューストン・ロケッツのマイク・ダントーニHC(69)、ニューオーリンズ・ペリカンズのアルビン・ジェントリーHC(65)。

彼らについては健康リスクが危惧されるところだが、彼らはチームと帯同し、コートサイドで指揮することを切望するだろう。

彼らの健康と安全を担保するため、NBAがどのような策を打つのか待ちたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA