【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「レブロン・ジェイムスのために働いているわけではない」

元NBAプレイヤーのケンドリック・パーキンスは先日、NBA史上最も偉大なプレイヤー”GOAT”に、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスを挙げた。

パーキンスは事あるごとにジェイムスを褒め称え、批判の声をあげることはほとんどない。

短い時間ではあったがクリーブランド・キャバリアーズでチームメイトになり、ジェイムスと親交を持つようになったため、考え方にバイアスがかかっているのでは?とも指摘されている。

だが、その指摘にパーキンスが真っ向から反論した模様。

「バイアスがかかっている」という指摘に対し、パーキンスは次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

なぜだ?

私には分からない。

私が偉大さを評価しているからバイアスがかかっているって?

彼がいなくなると、ゲームに彼がいないことを寂しく思うだろう。

私はレブロンに偏っているわけではない。

私はレブロンのために働いていないし、クラッチ社のために働いていない。

ESPNのために働いているんだ。

パーキンスによると、ジェイムスを称賛し、正当な理由でGOATに選ぶことが間違っているなら、それはクレイジーな考えだという。

パーキンスは先日、ポール・ピアースが歴代トップ5にジェイムスを入れなかったことに疑問を感じ、ピアースを攻撃した。

もしジェイムス率いるロサンゼルス・レイカーズがタイトルを奪還したら、パーキンスはさらに主張を強めることだろう。

なお、パーキンスは今季の優勝予想にレイカーズを挙げている。

聞いてくれ。

レイカーズに歯向かうのは難しい。

なぜなら、彼らにはアンソニー・デイビスとレブロン・ジェイムスがいるからね。

私の意見だが、彼らはコービーとシャック以来の最高のデュオさ。

だから彼らに対峙するのは難しい。

つまり、私はレイカーズに優位性があると思う。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA