【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスがステフィン・カリーとの過去の口論を説明

クリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズが戦った2018年NBAファイナルで、ケンドリック・パーキンスとステフィン・カリーが口論を繰り広げた。

カリーがショットを放った後、ベンチに座っていたパーキンスの足に接触し、カリーはパーキンスがわざと足を引っかけようとしたと主張。

だが、パーキンスは「故意ではない」と主張し続けている。

あれから2年が経った今、パーキンスが再び無実を主張した模様。

パーキンスはカリーとの口論について次のように説明。NBC Sportsが伝えている。

最初に言っておくが、何が悪かったのか私には分からない。

そうだろ?

私は座っていた。

動いていないし、何もしていない。

座ってゆっくりしていた?

違うかい?

私が彼を引っかけようとしたと彼は言っていた。

私はこう返したんだ。

「足は動かしていないし、足を出したりもしていない。ずっと同じ姿勢で座っていた。君は何を言っているんだい?」とね。

私は彼に何と言ったと思う?

「ステフ、冷静になれよ。俺のコロンの匂いを嗅がせる前にな」と言ったんだ。

そう説明したパーキンスだが、足を動かさなかったのは逆に問題と言えるかもしれない。

パーキンスの足にひっかかり、怪我をしてしまう恐れがあっただけに、カリーが憤るのも当然だろう。

なお、パーキンスはこのシーズンで現役を引退することになったが、キャブスでの現役最終年はわずか1試合の出場にとどまった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA