【スポンサーリンク】

ケビン・ラブ「マイケル・ジョーダンとレブロン・ジェイムスのリーダーシップの違いは”気遣い”」

NBA史に名を残すレジェンドたちは、偉大なリーダーでもあった。

NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントは常にチームメイトたちにベストを要求し、時代を築くことに成功した。

現役スーパースターのレブロン・ジェイムスもチームメイトに多くを要求するものの、ジェイムスのリーダーシップの形はジョーダンやブライアントとのそれとは違いがあるという。

クリーブランド・キャバリアーズでジェイムスと共にプレイしたケビン・ラブは、リーダーシップの形の違いについて次のように説明。cavsnation.comが伝えている。

彼(ジェイムス)は適切な方法で、適切な理由で要求する。

彼は偉大なプレイヤーになるために努力し、常に寄り添い、その他は受け入れない。

ジョーダンは・・・彼らのやり方はそれぞれ異なる。

コービーは彼らと同じようにチームメイトたちのベストを引き出そうとしていた。

ブロンは非常に、非常に厳しいが、常に皆を気遣っている。

常にチームメイトたちを成長させようとする。

常に成功へ向けたセットアップを求めているんだ。

ブロンは非常に厳しい男であり、ハードにプレイしていなかったり、すべきことをしていなかったりすると、彼はその男に言い寄る。

皆のベストを引き出そうとするのさ。

君たちもそれを見ていると思うよ。

ただ、あんなに仲間意識が強い男が僕の近くにいたことは一度もなかったんだ。

ドキュメンタリーシリーズ「ラストダンス」の中で、ジョーダンはチームメイトたちに多くを要求していたことが明かされた。

だが、勝利にこだわるあまりチームメイトたちとの関係が崩れることもあったという。

ラブによると、ジェイムスは皆の気持ちを考えながら要求するというが、コート上のプレイだけでなく、リーダーとしてもバランスが取れた稀有な存在なのかもしれない。

ジェイムスがキャリアを終えた時、彼のリーダーシップも再認識されることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA