【スポンサーリンク】

レイカーズ デマーカス・カズンズ獲得を断念?

ロサンゼルス・レイカーズは2月下旬、元オールスターセンターのデマーカス・カズンズをウェイブした。

マーキーフ・モリス獲得へ向けてロスターのスポットを空けるためのウェイブであったが、レイカーズはカズンズに対し、チームの施設でリハビリとトレーニングを続けることを許可。

レイカーズはプレイオフ前、もしくはオフシーズン中に再びカズンズと契約するとも噂されていたが、それから日数が経ち、レイカーズの方針に変化があったのかもしれない。

clutchpoints.comによると、レイカーズは今年のオフシーズン、カズンズではなく、ベテランセンターのドワイト・ハワードに契約をオファーする見込みだという。

今季はイレギュラーなシーズンとなっているが、レイカーズはウェスタン・カンファレンス首位をキープ。

ハワード獲得当時は疑問の声も聞こえていたが、ハワードはコートで自身を証明し、レイカーズにとって重要なバックアップビッグマンとして活躍している。

一方、カズンズはレイカーズのユニフォームを着てプレイしておらず、ケミストリーは未知数。

それゆえ、不確定要素であるカズンズに大枚を叩くより、実績あるハワードにより多くのサラリーを提供するほうが無難であろう。

なお、カズンズはキャリア9年を通してサクラメント・キングス、ニューオーリンズ・ペリカンズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズでレギュラーシーズン通算565試合に出場し、平均32.0分のプレイで21.2得点、10.9リバウンド、3.2アシスト、1.4スティール、1.2ブロックショット、FG成功率46.1%、3P成功率33.2%、フリースロー成功率73.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA