【スポンサーリンク】

ジミー・バトラーがTJ・ウォーレンとのバトルについて「過去のこと」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーとインディアナ・ペイサーズのジミー・バトラーは今年1月、コート上で激しいバトルを繰り広げた。

ウォーレンはその後、「彼が何を言ってたのか、俺は理解できなかった。正直言うと、頭が真っ白になっていたんだ」、「何が起きたのかさえ覚えていない。本当に覚えていない。自分を見失っていた。冷静さを失ってしまっていたのさ」と説明。

一方、バトラは他チームとの対戦の際に「TJ・ウォーレン」チャントを浴びるなどし、バトラーとウォーレンの対立構図が作られていった。

そのバトラーとウォーレンがプレイオフという大舞台で相まみえることとなる。

だが、バトラーは過去は過去とし、ペイサーズに勝利することに全力を尽くす構えの模様。

ウォーレンとのビーフについて質問されたバトラーは、次のように答えたという。clutchpoints.comが伝えている。

見てくれ。

僕はただバスケットボールをプレイしているだけだ。

僕はコート上で最高のプレイヤーであるために全力を尽くすだろう。

それがマイアミが僕を連れてきた理由さ。

誰とマッチアップするかは気にしていない。

僕たちは相手を抹殺することができる。

あの件についてはもう終わったこと。

過去に起きたことなんだ。

一方、シードゲーム最後の2試合を足底筋膜炎で欠場したウォーレンだが、ヒートとのファーストラウンドは第1戦から出場できる見込みと報じられている。

今季のプレイオフは無観客試合となるため、ファンの生のブーイングや声援を聞くことはできない。

バトラーは「過去のこと」としたものの、モニター越しに観戦するファンは両者の熱いバトルに期待するだろう。

今回の決着は乱闘ではなく、バスケットボールでつけてもらいたいところだ。

なお、イースタン・カンファレンス4位のペイサーズと同5位のヒートのファーストラウンドは現地18日にスタートする。

以下、オーランド入り後のウォーレンとバトラーのスタッツだ。

TJ・ウォーレンジミー・バトラー
出場試合数64
平均出場時間36.427.0
平均得点31.016.0
平均リバウンド6.36.8
平均アシスト2.04.8
平均スティール1.32.8
平均ブロックショット1.20.8
平均ターンオーバー1.22.3
FG成功率57.8%47.2%
3P成功率52.4%0%(0/2)
フリースロー成功率88.9%85.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA