【スポンサーリンク】

ゴードン・ヘイワードがホークスにトレードか?

ボストン・セルティックスの元オールスターフォワード、ゴードン・ヘイワードの来季の契約はプレイヤーオプションとなっている。

オプションを破棄してFAになるか、それともオプションを行使してセルティックスに残留するかは定かでないが、キャップスペースに余裕のあるNBAチームへのトレードの噂が浮上した模様。

clutchpoints.comによると、再建中のアトランタ・ホークスがヘイワードのトレード獲得を狙っているという。

サイン&トレードによる移籍になると見られるが、ホークスは2020年NBAドラフト6位指名権を放出する可能性がある。

ホークスはオールスターポイントガードのトレイ・ヤングを中心としたチーム。

ヘイワードが加わればヤングの負担は軽くなり、よりバランスのとれたチームに生まれ変わるだろう。

なお、ヘイワードの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数52641
平均出場時間33.530.8
平均得点17.515.3
平均リバウンド6.7
(キャリアハイ)
4.4
平均アシスト4.13.5
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー1.82.0
FG成功率50.0%
(キャリアハイ)
45.1%
3P成功率38.3%36.6%
フリースロー成功率85.5%82.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA