【スポンサーリンク】

ウォリアーズ クレイ・トンプソンのトレードを否定

ステフェン・カリーやクレイ・トンプソンら若手選手の台頭により、ゴールデンステイト・ウォリアーズは強豪チームへと生まれ変わった。

だが、サンアントニオ・スパーズやオクラホマシティ・サンダーのようにもうひとつ上のレベルを目指すのなら、より多くの才能ある選手が必要となるだろう。

そして、その候補として名が挙がっているのが、ミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ラブだ。

一部ではトンプソンとのトレードが噂されていたものの、ウォリアーズ側がこれを否定している。

ドレイモンド・グリーンとは金銭的に見合わない。

そこで浮上しているのが、デイビッド・リー、ハリソン・バーンズ、2015年のドラフト指名権をパッケージにすることだ。

グリーンはベンチメンバーとして欠かせない選手に成長した。

一方のバーンズはNBA2年目のスランプに陥っており、期待されていたような活躍を見せることができなかった。

ラブを獲得することで、ウォリアーズは劇的に強くなる可能性がある。

ラブの獲得にはロサンゼルス・レイカーズ、ボストン・セルティックス、シカゴ・ブルズ、ヒューストン・ロケッツなどが興味を示していると報じられているが、ドラフトが終了するまで大きな動きはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA