【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディHC「ザイオン・ウィリアムソンのポジションは限定しない」

ザイオン・ウィリアムソンやブランドン・イングラムなど若手有望株を豊富に擁するニューオーリンズ・ペリカンズは、新ヘッドコーチにスタン・バン・・ガンディを起用した。

バン・ガンディHCに課されたミッションのひとつは、ウィリアムソンをNBAを代表するスーパースターに成長させるということだ。

その一環か、バン・ガンディHCがウィリアムソンの起用法についてヒントをくれた模様。

バン・ガンディHCによると、ウィリアムソンをセンターポジションで起用することも検討しているという。バン・ガンディHCのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「彼は4番?それとも5番?」といったような見方は私はしない。

これらのラベルは重要ではないと思う。

我々は学び、明確にし、ザイオンがどんなことを好むのか彼と話し合う。

彼をどのポジションでプレイさせるかということより、周りに誰を置けばベストなのかということが重要だ。

彼のポジションは限定しないよ。

ペリカンズには若手ビッグマンのジャクソン・ヘイズがいるが、スモールラインアップで戦う際はウィリアムソンを5番のポジションでプレイさせ、イングラムを4番で起用することになるだろう。

つまり、来季のウィリアムソンにはより幅広いプレイを期待できそうだ。

なお、ウィリアムソンのNBA2019-20シーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20
出場試合数24
平均出場時間27.8
平均得点22.5
平均リバウンド6.3
平均アシスト2.1
平均スティール0.7
平均ブロックショット0.4
平均ターンオーバー2.5
FG成功率58.3%
3P成功率42.9%
フリースロー成功率64.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA