【スポンサーリンク】

マイク・ブデンホルツァーHCがグレイソン・アレンのフレイグラントファウルについて「故意ではない」

マイク・ブデンホルツァーHCがグレイソン・アレンのフレイグラントファウルについて「故意ではない」

シカゴ・ブルズを指揮するビリー・ドノバンHCは、現地21日に行われたミルウォーキー・バックス戦の第3Q中にグレイソン・アレンがアレックス・カルーソに対して仕掛けたハードファウルについて、「彼(カルーソ)のキャリアを終わらせた可能性があった」、「彼(アレン)にはその過去がある」などと糾弾し、NBAに対して適切な処置を求めた。

一方、バックスを指揮するマイク・ブデンホルツァーHCはブルズ戦を終えた後、「フレイグラントファウルには同意する」としつつも、「故意ではなかった」とアレンを擁護。

その翌日、カルーソが右手を骨折していることが判明し、少なくとも6~8週間は離脱すると報じられた。

ブデンホルツァーHCはカルーソの怪我を受け、次のようにコメントしたという。hoopsrumors.comが伝えている。

競争は激しいものだし、試合中に不幸なことも起こるものだ。

カルーソがしばらく離脱することは私も知っている。

彼のことを思うと残念だ。

誰であろうと、敵対するチームであろうと、私はあのようなことが起こるのを望んでいない。

ただ、故意にやったことではなかったんだ。

https://www.youtube.com/watch?v=zaz7E25j2fQ

ブデンホルツァーHCはバックスの指揮官であり、自チームの選手を擁護するのは当然だろう。

ちなみに、バックスは現地22日に行われたサクラメント・キングス戦に向け、アレンをフィーチャーした写真を「Good morning」というコメントとともにSNSにアップし、ブルズがそれに「冗談を言っているのか?」と反応すると、バックスはその投稿を削除した。

また、アレンはキングス戦を「怪我/病気」により欠場した。

なお、NBAは現在アレンの行為を精査し、出場停止処分を下すか否か話し合っていると報じられている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    あれが故意じゃないとかマジで言ってるとしたらヤバいね
    腕が絡んだのは仕方ないけど、その後腕を掴みに行った上に逆側の腕で引き倒しにいくとかありえないでしょ

  2. By  

    いや、あれはワザとだろ
    バスケやったことないんか?
    怪我関係なしで止めにいくならあれくらい余裕で意識化でできるぞ

  3. By 匿名

    故意じゃなかろうがあんなん日常生活に支障をきたす怪我させてもおかしくないんだからマジで出場停止かリーグから追放しろ

  4. By くりすだどりぃ

    まあ監督としては選手を守らないといけないってことなんだろうけど。しかしこの選手は大学時代の実績見たけどそれほどの選手とは思えない。大学にもいろいろ事情があるから一概に言えないのかもしれないけど。僕のような素人ファンからしたら、この選手が一巡目で指名されたってことはそのダーティな部分を評価したのではと思ってしまう。

  5. By 匿名

    アレンは無意識に染み付いてる動きだからタチ悪いんだよ

  6. By 匿名

    あれが故意にされてしまったらディフェンスはたまらん

*

CAPTCHA