【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「マーカス・スマートは僕を怪我させようとしたわけではない」

ステフィン・カリー「マーカス・スマートは僕を怪我させようとしたわけではない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAオールスターポイントガード、ステフィン・カリーは、先日のボストン・セルティックス戦で足首を負傷し、途中退場した。

ルーズボールの際にマーカス・スマートに足元に入られ、スマートに足に乗られる形で怪我してしまったカリー。

スマートは「ボールしか見ていなかった」とし、故意に怪我させたわけではないと主張したが、カリー本人もそう感じているのかもしれない。

カリーはスマートのダイブについて次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

彼は僕を怪我させようとしてやったわけではない。

あれが彼のプレイであり、他の多くの選手だったら彼のようなプレイはしないと思う。

だが、悪意があるプレイではないし、ダーティーではないし、僕を怪我させようとしたものではなかったんじゃないかな。

タフな状況だった。

あのプレイをやるべきだったか否か議論されている。

だが、「あの男を怪我させてやろう」といったようなものではなかった。

あれもバスケットボールさ。

スマートは常に闘争心を押し出してプレイするタイプのNBA選手であり、ルーズボールにも積極的に飛び込む。

スマートには今回のプレイで批判が集中しているというが、怪我をした本人であるカリーが「怪我させようとしてやったわけではない」と話したことにより、この問題は収束することになりそうだ。

なお、カリーは「急いで復帰することはない」としたため、レギュラーシーズンの残りは全休し、NBAプレイオフで復帰すると見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA