【スポンサーリンク】

クリッパーズの弱点はクラッチタイムのスコアリング?

クリッパーズの弱点はクラッチタイムのスコアリング?

NBAオールスターのカワイ・レナードとポール・ジョージ擁するロサンゼルス・クリッパーズは、フランチャイズ初となるNBAチャンピオンを目指している。

オフシーズン中にサージ・イバカ、ニコラス・バトゥーム、ルーク・ケナードを加え、NBAタイトル獲得へ向けてロスターを強化したクリッパーズ。

だが、NBAチャンピオンになるためにはクラッチタイムのスコアリングを改善しなければならないかもしれない。

fadeawayworld.netによると、今季のクラッチタイムでレナードはFG25本中7本、3ポイント6本すべて失敗、ジョージはFG8本中2本、3ポイント7本中2本と、エースのふたりが勝負強さを発揮できていないという。

クリッパーズはNBA屈指の強豪チームであり、ウェスタン・カンファレンス上位でプレイオフに進出するだろう。

だが、タフなプレイオフを勝ち抜くためにはクラッチタイムで力強いパフォーマンスを見せなければならない。

NBAキャリアを通して何度もチームを勝利に導くショットを決めてきたレナードとジョージには、クラッチタイムでの力強さを取り戻してもらいたいところだ。

なお、レナードとジョージの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

K・レナードP・ジョージ
出場試合数2926
平均出場時間34.733.3
平均得点26.823.4
平均リバウンド6.36.2
平均アシスト4.9
(キャリアハイタイ)
5.5
(キャリアハイ)
平均スティール1.61.1
平均ターンオーバー1.93.4
FG成功率51.1%50.1%
(キャリアハイ)
3P成功率38.9%45.9%
(キャリアハイ)
フリースロー成功率87.4%88.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA