【スポンサーリンク】

メッタ・サンディフォード・アーテストがNBAを批判「ルールを変えるのに7年かかった」

メッタ・サンディフォード・アーテストがNBAを批判「ルールを変えるのに7年かかった」

NBAは今季、シューティングモーション時のファウルルールを変更した。

通常のシューティングモーションを逸脱し、故意にファウルをもらおうとして接触した場合はノーファウル、もしくはオフェンシブファウルがコールされることになったが、このルール変更は概ね肯定的に捉えられている。

だが、元NBA選手のメッタ・ワールドピースことメッタ・サンディフォード・アーテストによると、ルール変更を決定するまで長い時間がかかりすぎたという。アーテストのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ルールを作っている人々は、ゲームを一度もプレイしたことがない。

だから、ルールを変更するのに7年間もかかってしまった。

彼らにはフルコートのゲームをプレイすることを義務付けるべきだ。

バスケットボール業界で働いているなら、少なくとも短パンとスニーカーを持ってジムでトレーニングし、バスケットボールをプレイすべきだ。

バスケットボールをプレイしている80歳の男たちのことを、僕は知っている。

スーツを脱ぎ、ボタンを外し、Tシャツと短パンを身につけ、ゲームをプレイしろ。

そうすれば7年もかからないはずだ。

アーテストの指摘は的を得ていると言えるだろう。

NBAがどのようなプロセスを経てルール変更を決定したのかは分からないが、アーテストはルールを作る側に加わりたいと思っているのかもしれない。

いずれにせよ、今回のルール変更は今季のみで終わらず、来季以降も続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA