【スポンサーリンク】

元オールスターのアンソニー・メイソン 48歳の若さで逝去

アンソニー・メイソン

元ニューヨーク・ニックスのオールスター、アンソニー・メイソンが、48歳の若さで逝去した。享年48歳だった。

名将パット・ライリーがニューヨーク・ニックスを指揮していた当時、メイソンはフィジカルなプレイで人気を獲得。
1994年にはプレイオフ・ファイナル進出に貢献したメイソンだが、ハードなディフェンスだけでなく、パワーフォワードでありながらポイントガードまでこなせる器用さを有していた。

その後、シャーロット・ホーネッツへ移籍するが、マイアミ・ヒートへトレードされ、恩師パット・ライリーと再会。
2001年にはオールスターに選出されている。

翌シーズンはミルウォーキー・バックスと契約するも、ウェイトオーバーなどで批判を浴び、引退へと至った。

息子のアンソニー・メイソンjrは、父の死について次のような声明を発表。the New York Postが伝えている。

 

「まず始めに、父に祈りを捧げ、好意的に接してくれたすべての方に感謝したい。我々家族は、本当に感謝しています」

「父は信じられないくらい心臓疾患と戦い続けました。我々はあなたを愛し、いつもあなたと共にあります」

メイソンは、キャリア13年(1998-99シーズンは負傷で全休)でニュージャージー・ネッツ、デンバー・ナゲッツ、ニックス、シャーロット・ホーネッツ、ヒート、バックスでプレイし、平均10.9得点、8.3リバウンド、3.4アシスト、FG成功率50.9%、フリースロー成功率70.9%を記録。

1995年にシックスマン・オブ・ザ・イヤー、1997年にオールNBAサードチーム、オールNBAディフェンシブ・セカンドチームに選出された。

心からご冥福をお祈りいたします。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By OAK34

    あの頃のニックスが大好きでした。
    骨太で、強面で、泥臭い集団がたまらなく好きでした。
    メイスは、そのニックスを象徴するような選手でした。
    そして、あの体格で卓越したハンドリング技術を持ち、更にはパスセンスも持ったオールラウンダーでした。
    彼やコング、オーク、スタックを出してしまった事が、ニックスの崩壊の始まりでした。
    そこから、派手でネームバリューばかりの選手を集める傾向になり、ニックスは未だに復権できていません。
    カーメロを獲得し、再びマーブリーを獲得した頃のようなスパイラルに陥りつつあります。
    あの頃のメイスのような選手を、是非とも、獲得してほしい…切に願います。
    アンソニー・メイソンの、御冥福を心から…。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      自分はあの頃のニックスが嫌いでした(笑)
      ブルズとの対戦でニックスとの試合が一番怖かったので(^_^;)
      今思うと、あのニックスってヤンチャ軍団というか、あのハラハラさせてくれるのが良かったんでしょうね(^_^)

*

CAPTCHA