【スポンサーリンク】

デイビッド・ロビンソンがアイザイア・トーマスに「バッドボーイズに誇りを持っているなら・・・」

デイビッド・ロビンソンがアイザイア・トーマスに「バッドボーイズに誇りを持っているなら・・・」

“バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダンのドキュメンタリーシリーズ「ラストダンス」が公開されたことを受け、当時のNBAに再び注目が集まっている。

そのひとつが、圧倒的な強さでオリンピック金メダルを獲得した1992年のドリームチームだ。

ドリームチームにはジョーダンやマジック・ジョンソン、ラリー・バードなどそうそうたるメンバーが名を連ねたものの、当時NBAトップクラスのポイントガードだったアイザイア・トーマスは代表漏れ。

ジョーダンだけでなく、多くの代表メンバーが”バッドボーイズ”のひとりであるトーマスを嫌っていたため、ドリームチームに選出されなかったとされている。

ドリームチームの一員だったデイビッド・ロビンソンも、その主張に賛同しているようだ。

ロビンソンは当時のトーマスとドリームチームについて次のようにコメント。NBC Sports Chicagoが伝えている。

もし”バッドボーイズ”としての評価に誇りを持っているなら、ある意味人々に好かれないということだよね。

それなのに人々に「”バッドボーイズ”とは本当に一緒にプレイしたくない」と言われて驚くのかい?

チームをまとめるという議論になると、ケミストリーが議題にあがる。

それが重要ではないとして振る舞うことはできない。

チームがすべての人々のことを考えて編成したのは明らかだ。

チームUSAの最終メンバーに選出されたのはトーマスではなく、まだNBAデビューしていないクリスチャン・レイトナーだった。

もしトーマスが選出されていたら、ドリームチームはあの時以上の強さを見せることができただろうか?

それともトーマスの選出でケミストリーが崩れ、苦戦を強いられただろうか?

いずれにせよ当時のドリームチームにトーマスを歓迎する選手は少なく、ぎくしゃくした関係が続いていたことだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    アイザイアは勝ちたかったわけで、嫌われたかったわけではない

    ロビンソンは紳士的な人物として知られているけど、
    ジョーダン発言の騒動に便乗して、こんな発言をするなんて卑怯だと思う

    「嫌われて本望だろう?」見たいな言い方、最低

*

CAPTCHA