【スポンサーリンク】

ロバート・オーリー「シャキール・オニールよりアキーム・オラジュワンのほうが才能があった」

ロバート・オーリー「シャキール・オニールよりアキーム・オラジュワンのほうが才能があった」

シャキール・オニールとアキーム・オラジュワンは、NBA史上最も偉大なセンターのひとりだ。

だが、オニールとオラジュワンを比較した場合、多くのNBAファンはオラジュワンよりオニールを偉大なセンターとして見るだろう。

しかし、NBAチャンピオンに7度輝いたロバート・オーリーによると、オニールよりオラジュワンのほうが優れたセンターだったという。オーリーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

アキームのほうが良い選手だった。

支配力はシャックのほうがあったが、アキームのほうが良い選手だった。

ドリーム(オラジュワン)のほうが才能があったんじゃないかな。

シャックにはハンドリングがあったが、ハンドリングではドリームのほうが少し優れていた。

ドリームはフリースローを決めることができた。

シャックのフリースローについては僕たち全員が知っての通りだ。

それに彼(オラジュワン)にはフェイダウェイがあったしね。

“ドリームシェイク”で一世風靡したオラジュワンは、多彩なスキルを持ったビッグマンだった。

現役を引退した後も多くのNBA選手がオラジュワンに教えを請いているのは知っての通りだ。

一方、オニールにはオラジュワンほどのスキルはなかったものの、NBAのルールを変えるほど圧倒的なフィジカルを持っていた。

オラジュワンとオニールは対象的なスタイルのセンターだっただけに比較するのは難しいが、両者と共にプレイした経験があるオーリーは明確な答えを持っているのかもしれない。

なお、オラジュワンとオニールのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

H・オラジュワンS・オニール
所属チームヒューストン・ロケッツ
トロント・ラプターズ
オーランド・マジック
ロサンゼルス・レイカーズ
マイアミ・ヒート
フェニックス・サンズ
クリーブランド・キャバリアーズ
ボストン・セルティックス
出場試合数12381207
平均出場時間35.734.7
平均得点21.823.7
平均リバウンド11.110.9
平均アシスト2.52.5
平均スティール1.70.6
平均ブロックショット3.12.3
平均ターンオーバー3.02.7
FG成功率51.2%58.2%
フリースロー成功率71.2%52.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA