【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイドがジャズのオーナーになった理由について「僕にぴったりだった」

ドウェイン・ウェイドがジャズのオーナーになった理由について「僕にぴったりだった」

元NBAスターのドウェイン・ウェイドは今年4月、ユタ・ジャズの株を購入し、オーナーグループのひとりとなった。

ジャズのオーナーであるライアン・スミスによると、ウェイドとは彼がNBAを引退した直後に出会い、すぐに意気投合すると、友情を築くうちに共に働きたいと思い始めたという。

ウェイドはマイアミ・ヒートのレジェンドであり、当然ながらヒートファンはウェイドがジャズのオーナーグループに加わったことに驚いただろう。

では、ウェイドはなぜヒートではなくジャズのオーナーになることを決断したのだろうか?

ウェイドはこの件について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

僕にぴったりだった。

僕はロサンゼルスに住んでいる。

ユタまで飛行機で山を越えて1時間15分の距離だ。

僕の人生のこの段階において、すべてが適切なタイミングだった。

(ヒートのオーナーになることは)僕が望んでいたステップではなかったんだ。

僕はマイアミでの14年半のキャリアを通し、持てるすべてを捧げた。

マイアミに住んでいなくとも、彼ら(ヒートファン)は僕と僕の家族を受け入れ続けてくれている。

そこには常に愛がある。

僕たちは共にいろんなことを経験したし、それは僕たちの中に一生残るだろう。

だが、僕はひとつの場所にとどまるような男ではないんだ。

僕は蝶のような男さ。

飛ばなければならないし、移動しなければならない。

だから、これは僕の旅の次のステップだ。

だが、すべての愛はマイアミにあるよ。

ウェイドはジャズのオーナーになった当時、「これは投資家として、ビジネスマンとして、企業家としての僕の人生の次のフェーズであり、僕にとっては成長するチャンス」と語っていた。

先日のNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第1戦をコートサイドで観戦し、ドノバン・ミッチェルにアドバイスを送っていたウェイド。

ジャズの選手たちは未来のNBAレジェンドから多くを学び、成長していくことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA