【スポンサーリンク】

ゲイリー・ペイトン「マーカス・スマートとパトリック・ビバリーは俺を思い起こさせる」

マイアミ・ヒートでの2006-07シーズンを最後に現役を引退したゲイリー・ペイトンは、NBA史上屈指のディフェンダーのひとりだった。

シアトル・スーパーソニックスでプレイした1995-96シーズンにはディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、名実ともにリーグトップのディフェンダーのひとりとなったペイトン。

彼が引退してから10年以上が過ぎ、NBAゲームは様変わりしたと言えるであろうが、ペイトンはマーカス・スマートとパトリック・ビバリーを見ていると現役時代の自身を思い出すという。

ペイトンはスマートとビバリーについて次のようにコメント。HoopsHypeが伝えている。

「2人いる。マーカス・スマートとパトリック・ビバリーだ。彼らは俺自身を思い起こさせる。彼らは相手に襲いかかるよね」

「ビバリーは俺とは少し違う。なぜなら、彼には俺のようなオフェンシブゲームがない。ただ、マーカスはそういったプレイヤーになりつつある。スコアリングし、シュートを撃ち始めてるんだ。ディフェンスにおいては、彼らふたりともしつこい男さ」

「俺の息子(ワシントン・ウィザーズのゲイリー・ペイトンⅡ)もかな。彼の中にはそれがあるし、彼らと同じことをやってる。彼が求めれば、相手に襲いかかることができる。それに彼の腕の長さは相手にダメージをもたらすだろうね」

ペイトンによると、スマートやビバリーのようなタフなディフェンダーがいることは、チームにとってある意味ボーナスだという。

闘志を剥き出しにしてディフェンスし、マッチアップした相手にタフなプレイを強いているスマートとビバリー。

偉大なレジェンドからお墨付きをもらった彼らは、これからもハードなディフェンスで相手を苦しめ続けることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA