【スポンサーリンク】

エイブリー・ブラッドリーがレイカーズのディフェンスについて「2年前とだいぶ違う」

エイブリー・ブラッドリーがレイカーズのディフェンスについて「2年前とだいぶ違う」

ロサンゼルス・レイカーズは今から2年前、悲願のNBAタイトル獲得を果たした。

当時のレイカーズはダニー・グリーンやケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、アレックス・カルーソといったNBA屈指のディフェンダーを擁し、強力なディフェンスを展開。

エイブリー・ブラッドリーはバブル参加を辞退したものの、レギュラーシーズン中は特にディフェンスで素晴らしい貢献をしたひとりだった。

そのブラッドリーが今のレイカーズのディフェンスについて言及した模様。

ブラッドリーによると、レイカーズのディフェンスは2年前と比較するとダウングレードしているという。ブラッドリーのコメントをlakersnation.comが伝えている。

(2年前とは)だいぶ違う。

僕からすると、ディフェンスは努力だ。

僕たちが正しいポジションにいられるように、コーチングスタッフたちは素晴らしい仕事をしてくれている。

僕たちの仕事は試合前に映像で確認し、試合に備え、コートに出て努力することだ。

もしそれができたら、常にチャンスを手にすることができるんじゃないかな。

今季のレイカーズはディフェンスを課題のひとつにしている。

ウェスタン・カンファレンス10位までのチームで平均失点が110点を上回っているのは、7位のレイカーズ(112.8失点)と10位のポートランド・トレイルブレイザーズ(113.2失点)のみだ。

レイカーズはジェラミ・グラントもしくはマイルズ・ターナーをトレードで獲得し、ディフェンスのアップグレードを狙うというが、果たしてその計画はうまくいくのだろうか?

なお、ブラッドリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数34632
平均出場時間23.927.8
平均得点6.911.3
平均リバウンド2.62.9
平均アシスト0.91.7
平均スティール0.91.0
平均ターンオーバー0.51.3
FG成功率42.2%43.4%
3P成功率38.3%36.4%
フリースロー成功率100%
(9/9)
78.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA