【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチ「プレイイントーナメントの意味が分からない」

ルカ・ドンチッチ「プレイイントーナメントの意味が分からない」

ルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギス擁するダラス・マーベリックスは、現在ウェスタン・カンファレンス7位だ。

もし今日レギュラーシーズンが終わるのであれば、マブスのNBAプレイオフ進出は確定となる。

だが、昨季に続き今季もプレイイントーナメントが採用されたため、レギュラーシーズンを7位で終えた場合、プレイイントーナメントを勝ち抜かなければNBAプレイオフに進出できない。

ドンチッチはこのシステムに不満を感じているようだ。

ドンチッチはプレイイントーナメントについて次のようにコメントしたという。larrybrownsports.comが伝えている。

プレイインというアイディアが理解できない。

プレイオフに進出するために72試合戦い、その後2連敗したらプレイオフに進出できない。

意味が分からない。

各カンファレンス上位6チームは、例年通りそのままNBAプレイオフに進出できる。

だが、7位と8位のチームは9位と10位のチームとのプレイイントーナメントを勝ち抜かなければ、NBAプレイオフに進出できない。

当然7位と8位にはアドバンテージが与えられるものの、NBAプレイオフ進出をのがしてしまう可能性は十分あるだけに、7位と8位のチームの不満は当然なのかもしれない。

なお、現地12日の時点でイースト8位マブスと同9位メンフィス・グリズリーズのゲーム差は1.5となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA