【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがTwitterでのNワード激増に「恐ろしいことだ」

レブロン・ジェイムスがTwitterでのNワード激増に「恐ろしいことだ」

NBA選手の多くはTwitterなどのSNSを通してファンとの交流を楽しんだり、メッセージを発信したりしている。

だが、イーロン・マスクがTwitterを買収したことにより、Twitterから離れるNBA選手が現れるかもしれない。

マスクがTwitterの買収を完了した直後から差別的な言葉、いわゆるNワードが激増しているというが、NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスはこの状況を懸念しているようだ。

ジェイムスはTwitter上でNワードの使用率が急増しているとの報道を受け、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はイーロン・マスクのことを知らない。

誰がTwitterを所有していようと、特に気にしない。

だが、もしこれ(Nワード使用率激増)が真実なら、彼と彼の仲間には真剣に受け止めてもらいたい。

なぜなら、これは恐ろしいことだからだ。

たくさんの病的な人々が「ヘイトスピーチは言論の自由だ」と言ってしまっている。

マスクがTwitterの買収を完了してから12時間以内に、Nワードの使用が500%近く増加。

また、ソーシャルメディア上で中傷の言葉が1300%増加したという。

マスクは言論の自由を重視しており、Nワードなどの規制を緩めるテストをしていると噂されている。

だが、自由にNワードや中傷の言葉を使えるようになれば、多くのNBAスターや著名人はTwitterから離れてしまう可能性がある。

マスクを筆頭とするTwitterが今後どう対処するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA