【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードが出場時間増について「成果が出ている」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、NBAキャリアを通して怪我に苦しめられてきた。

そのためロードマネジメントや出場時間制限がかかり、シクサーズに安定して貢献することができずにいたが、新ヘッドコーチのドック・リバース指揮下で迎えた今季は出場時間が増加傾向にある。

現地12月29日のトロント・ラプターズ戦では37分53秒、同1月2日のシャーロット・ホーネッツ戦では36分44秒と、NBAキャリア平均30.5分を大きく上回る出場時間を得ているエンビード。

身体を最高の状態にキープするため、さまざまな努力をしてきたエンビードだが、出場時間の増加はその成果だと感じているようだ。

エンビードは出場時間の増加について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

やってきたすべてのことの成果が出てきたんじゃないかな。

チームをサポートすることができて嬉しいよ。

僕はこれをやり続けなければならない。

僕たちはこれをやり続けなければならない。

エンビードは身体の管理を徹底するため、パーソナルシェフや栄養士、理学療法士、マッサージセラピストを雇い、シーズンに向けて準備してきた。

シクサーズが安定して戦うには、エンビードが大きな怪我なくプレイできることが不可欠だ。

現時点ではエンビードの努力が実っていると言えそうだが、これからも怪我なくシクサーズに貢献できることを祈りたい。

なお、エンビードの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数5214
平均出場時間33.430.5
平均得点25.024.0
平均リバウンド12.611.5
平均アシスト2.83.1
平均スティール0.80.8
平均ブロックショット1.41.8
平均ターンオーバー2.83.5
FG成功率53.9%48.1%
3P成功率40.0%32.0%
フリースロー成功率80.4%79.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA