【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「パスへの愛が再燃した」

ジョエル・エンビード「パスへの愛が再燃した」

オフシーズン中にロスターを調整し、指揮官にドック・リバースを迎え入れた新生フィラデルフィア・セブンティシクサーズは、スタートダッシュに成功した。

シクサーズは今季7試合を終えた時点で6勝1敗。

現在のNBAにおいて1敗にとどまっているのはシクサーズのみだ。

好調の大きな要因のひとつは、ジョエル・エンビードの成長だろう。

エンビードはダブルチームを仕掛けられるケースが多く、これまではターンオーバーにつながってしまうことが少なくなかった。

だが、今季はダブルチームを仕掛けられてもうまく対処できている。

その理由について、エンビードは次のように語ったという。clutchpoints.comが伝えている。

パスへの愛が再燃したのだと思う。

昨季はダブルチームを仕掛けられた時、パスを出してもショットが決まっていなかった。

それがフラストレーションにつながった。

そうすると、自分で何とかしなければならないと考えるようになるんだ。

シクサーズはオフシーズン中にNBAで実績を残してきたシューターであるダニー・グリーンとセス・カリーの獲得に成功した。

ベン・シモンズにアウトサイドショットはないものの、NBA屈指のシューターであるグリーンとカリーの存在がエンビードを助けているのは間違いないだろう。

とはいえ、NBA2020-21シーズンはまだ始まったばかりだ。

シクサーズが次に対戦するのは、ブラッドリー・ビールとラッセル・ウェストブルック擁するワシントン・ウィザーズ。

前回の対戦では快勝したものの、ウィザーズは現在2連勝中と波に乗り始めている。

果たしてエンビードはシクサーズに勝利をもたらすことができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA