【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「カイル・クーズマとケンテイビアス・コールドウェル・ポープの活躍を嬉しく思う」

レブロン・ジェイムス「カイル・クーズマとケンテイビアス・コールドウェル・ポープの活躍を嬉しく思う」

昨年夏のトレードでロサンゼルス・レイカーズからワシントン・ウィザーズに移籍したカイル・クーズマとケンテイビアス・コールドウェル・ポープが、移籍後初めてクリプトドットコムアリーナに凱旋した。

試合はNBAが誇るスーパースターのレブロン・ジェイムスが50得点と違いを見せつけ、ホームのレイカーズが勝利。

そのジェイムスが2020年に共にNBAタイトルを勝ち取ったクーズマとコールドウェル・ポープについて語った模様。

ジェイムスはクーズマとコールドウェル・ポープが素晴らしいプレイを見せていることを嬉しく思っているという。ジェイムスのコメントをlakersnation.comが伝えている。

KCPとクーズというふたりのブラザー。

今季のクーズの成長は本当に素晴らしい。

彼のプレイメイキング、彼のショットメイキング、彼のディシジョンメイキングは本当に素晴らしい。

KCPはとんでもないシュートを撃ち続けているし、本当に素晴らしいチームメイトだ。

共にNBAチャンピオンを勝ち取ったチームメイトたちとの再会は、いつだって歓迎さ。

なぜなら、NBAチャンピオンになるためにたくさんの血と汗を流したことを知っているからね。

ブラッドリー・ビールが離脱している中で、クーズは彼らをスコアリングで牽引している。

KCPはクーズに続いている。

彼らの活躍を僕もすごく嬉しく思っているよ。

ここ10~12試合のKCPは3P成功率50%だし、クーズはほぼ毎試合ダブルダブルを記録している。

彼らは素晴らしい活躍を見せていると思うし、僕もすごく嬉しい。

レイカーズ時代のクーズマとコールドウェル・ポープはプレイが安定せず、レイカーズファンからバッシングを浴びることもあった。

だが、彼らが2020年のNBAタイトル獲得に貢献したのは間違いなく、彼らもジェイムスやデイビスなど当時のチームメイトたちやファンとの再会を楽しんだことだろう。

なお、クーズマとコールドウェル・ポープの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

K・クーズマK・C・ポープ
出場試合数6363
平均出場時間33.529.9
平均得点17.412.4
平均リバウンド8.6
(キャリアハイ)
3.3
平均アシスト3.4
(キャリアハイ)
1.9
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
1.1
平均ターンオーバー2.51.2
FG成功率45.7%
(キャリアハイ)
41.6%
3P成功率34.5%39.3%
フリースロー成功率71.4%91.6%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA