【スポンサーリンク】

シャキール・オニール「最悪のチームメイトはデニス・ロッドマン」

シャキール・オニール「最悪のチームメイトはデニス・ロッドマン」

NBAレジェンドのデニス・ロッドマンは、デトロイト・ピストンズ時代にバッドボーイズの一員として活躍し、シカゴ・ブルズ時代にマイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペンとともスリーピートに貢献した偉大な選手のひとりだ。

ロッドマンの破天荒ぶりは誰もが知るところだが、NBA史上最高のビッグマンのひとりであるシャキール・オニールをもってしても、ロッドマンをコントロールするのは難しかったのかもしれない。

ロサンゼルス・レイカーズでロッドマンと過ごしたオニールは、「最悪だったチームメイトは誰?」と質問されると、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

最悪のチームメイト?

デニス・ロッドマンだ。

彼は素晴らしい選手だった。

だが、そう思われるのは難しかった。

選手たちをまとめようとする時、上の人たちが「彼を好き放題させるな」といった感じだったんだ。

僕たちは試合の1時間前には到着していなければならない。

彼は試合15分前に来てチキンライスを食べる。

コーチたちが話をしている時は、シャワーを浴びに行っていた。

冷たいシャワーだ。

そして試合で15~20リバウンド。

試合が終わったらシャワーも浴びずに出て行き、女性たちと一緒にクラブで過ごしていたんだ。 

当時のロッドマンは30代後半であり、NBAキャリア終盤を迎えていた。

レイカーズでわずか23試合の出場にとどまったのは、年齢による衰えだけでなく、コート外の振る舞いも影響していたのかもしれない。

なお、ロッドマンのレイカーズ在籍時代とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズNBAキャリア
出場試合数23911
平均出場時間28.631.7
平均得点2.17.3
平均リバウンド11.213.1
平均アシスト1.31.8
平均スティール0.40.7
平均ターンオーバー1.31.6
FG成功率34.8%52.1%
3P成功率0%23.1%
フリースロー成功率43.6%58.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA