【スポンサーリンク】

ニックスの問題はジュリアス・ランドルのリーダーシップ?

ニックスの問題はジュリアス・ランドルのリーダーシップ?

ニューヨーク・ニックスは昨季、2012-13シーズン以来となるNBAプレイオフ進出を果たした。

ファーストラウンドで敗退してしまったものの、NBAオールスターフォワードのジュリアス・ランドルを中心とした今季のニックスにはさらなる躍進が期待されている。

だが、現在12勝15敗、イースタン・カンファレンス12位と低迷。

その理由のひとつは、ニックスに確固たるリーダーがいないことなのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、リーダーとしてニックスを牽引する働きが期待されているランドルにはリーダーシップが欠けており、ロッカールームでは一匹狼になることも少なくないという。

ニックスとしては元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーにもリーダーシップを期待したいところだっただろうが、十分なパフォーマンスを見せることができずにローテーションから外されたウォーカーの影響力は決して大きくない。

また、ベテランのエバン・フォーニエとデリック・ローズは声を上げて牽引するタイプの選手ではない。

ランドルに本当にリーダーシップが欠如しているのかは分からないが、リーダーとしてニックスを牽引しなければならない選手であるのは間違いないだろう。

果たしてランドルはニックスを窮地から救い、リーダーとしてチームをまとめることができるだろうか?

なお、ランドルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数26472
平均出場時間35.330.8
平均得点19.517.5
平均リバウンド10.09.2
平均アシスト5.23.4
平均スティール0.70.7
平均ターンオーバー3.32.7
FG成功率43.0%48.1%
3P成功率33.1%34.1%
フリースロー成功率76.0%74.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA