【スポンサーリンク】

ダリアス・ガーランド「僕たちはNBA全体に警告を発した」

ダリアス・ガーランド「僕たちはNBA全体に警告を発した」

クリーブランド・キャバリアーズはNBAスターのレブロン・ジェイムスを失って以降、厳しい戦いを強いられてきた。

だが、今季のキャブスはNBAプレイオフ進出が期待できるパフォーマンスを見せている。

NBAタイトルコンテンダーのミルウォーキー・バックスやシカゴ・ブルズ、ブルックリン・ネッツ、マイアミ・ヒートにも勝利し、NBAタイトル獲得の期待も高まりつつあるキャブス。

先発ポイントガードのダリアス・ガーランドによると、昨季NBA王者バックスに勝利したことにより、キャブスが危険なチームであることを知らしめることができたという。ガーランドのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

あれ(バックス戦)はちょっとした前菜だった。

道のりは長い。

だが、僕たちにとって大きな勝利だった。

あの勝利によってリーグ全体に警告を発することができたんじゃないかな。

僕たちは自信を持ってプレイしているし、本当にハードにプレイしている。

下を向くようなチームではないことを証明している。

クリーブランドに来て、ただ僕たちを倒そうとするだけではダメだ。

ブルックリンやミルウォーキー、レイカーズと対戦する時のように、高いレベルで戦わなければならないよ。

キャブスは主力のコリン・セクストンとリッキー・ルビオを怪我で失ったものの、その影響をまったく感じさせていない。

今季のイースタン・カンファレンスは激戦の様相を呈しているが、キャブスはチーム一丸となって戦い続け、NBAプレイオフ進出を果たすだろう。

なお、ガーランドの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数44157
平均出場時間34.732.7
平均得点19.8
(キャリアハイ)
16.2
平均リバウンド3.3
(キャリアハイ)
2.5
平均アシスト8.2
(キャリアハイ)
5.8
平均スティール1.2
(キャリアハイタイ)
1.0
平均ターンオーバー3.63.0
FG成功率46.7%
(キャリアハイ)
44.0%
3P成功率36.9%37.2%
フリースロー成功率90.7%
(キャリアハイ)
87.5%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    このままファイナルにでも行ったれ頑張れ

*

CAPTCHA