【スポンサーリンク】

ジョージ・カール「カーメロ・アンソニーのトレードはナゲッツにとって最高のトレードだった」

かつてデンバー・ナゲッツをヘッドコーチとして指揮したジョージ・カールは、カーメロ・アンソニーを中心としたロスターでNBAプレイオフ進出に導き続けた。

だが、2008-09シーズンはカンファレンスファイナルに進出したものの、その他のプレイオフはファーストラウンドで敗退。

アンソニーはトレードを要求し、2010-11シーズン中のトレードでニューヨーク・ニックスに移籍した。

カールによると、このトレードはナゲッツ史上最高のトレードだったという。カールのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

10年ほど前、メロは我々ナゲッツからトレードされ、ニックスに移籍した。

あのトレードは今もきちんと振り返られていない。

私はNBA史上最高のトレードのひとつだったと思う。

ナゲッツにとってね。

私はそう強く信じている。

ナゲッツはこのトレードでアンソニーやチャウンシー・ビラップスなどを放出し、ダニーロ・ガリナリを獲得。

その後、アンソニーはニックスでNBA得点王に輝き、カールはNBAコーチ・オブ・ザ・イヤーに選出された。

これらを踏まえると、アンソニーのトレードは双方にとってウィンウィンだったと言えるかもしれない。

なお、アンソニーのナゲッツ時代とニックス時代のスタッツは以下の通りとなっている。

ナゲッツ時代ニックス時代
出場試合数564412
平均出場時間36.436.0
平均得点24.824.7
平均リバウンド6.37.0
平均アシスト3.13.2
平均スティール1.11.0
平均ターンオーバー3.12.4
FG成功率45.9%44.3%
3P成功率31.1%36.9%
フリースロー成功率80.3%83.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA