【スポンサーリンク】

ディアンドレ・エイトン「2018年ドラフト組はNBA史上最高」

ディアンドレ・エイトン「2018年ドラフト組はNBA史上最高」

今季のNBAプレイオフでは、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチやフェニックス・サンズのディアンドレ・エイトン、アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングなど、2018年のNBAドラフト組が活躍している。

2018年のNBAドラフトで指名された多くの選手たちは所属チームの主力となり、まさに豊作の年だったと言えそうだが、2018年のNBAドラフト1位選手であるエイトンは同期組がこれからのNBAを牽引していくと感じているのかもしれない。

cronkitenews.azpbs.orgによると、エイトンは2018年のNBAドラフト組について、「NBA史上最高だと思う」と語ったという。

エイトンの世代は素晴らしい選手が多く、彼らはこれからますます成長し、NBAを代表する選手に成長していくだろう。

だが、NBA史上最高のドラフトという観点で考えると、多くのNBAファンはレブロン・ジェイムスなど偉大な選手を数多く排出した2003年を挙げるかもしれない。

とはいえ、エイトン世代にはジェイムス世代を乗り越え、これからのNBAで旋風を巻き起こしてもらいたいところだ。

なお、2018年の2003年のNBAドラフト1巡目と2巡目指名の選手は以下の通りとなっている。

NBAドラフト1巡目

順位2018年2003年
1ディアンドレ・エイトンレブロン・ジェイムス
2マービン・バグリーⅢダーコ・ミリチッチ
3ルカ・ドンチッチカーメロ・アンソニー
4ジャレン・ジャクソンJrクリス・ボッシュ
5トレイ・ヤングドウェイン・ウェイド
6モー・バンバクリス・ケイマン
7ウェンデル・カーターカーク・ハインリック
8コリン・セクストンTJ・フォード
9ケビン・ノックスマイケル・スウィートニー
10ミカル・ブリッジズジャービス・ヘイズ
11シェイ・ギルジアス・アレクサンダーマイケル・ピートラス
12マイルズ・ブリッジズニック・コリソン
13ジェローム・ロビンソンマーカス・バンクス
14マイケル・ポーターJrルーク・リドナー
15トロイ・ブラウンリース・ゲインズ
16ザイール・スミストロイ・ベル
17ダンテ・ディヴィンチェンゾザーコ・チャバーカパ
18ロニー・ウォーカーデイビッド・ウェスト
19ケビン・ハーターアレクサンダル・パブロビッチ
20ジョシュ・オコギーダンテイ・ジョーンズ
21グレイソン・アレンボリス・ディアウ
22チャンドラー・ハッチソンゾラン・プラニニッチ
23アーロン・ホリデートラビス・アウトロー
24アンファニー・シモンズブライアン・クック
25モーリツ・ワグナーカルロス・デルフィーノ
26ランドリー・シャメットドゥディ・イービー
27ロバート・ウィリアムスケンドリック・パーキンス
28ジェイコブ・エバンスリアンドロ・バルボサ
29ジャナン・ムサジョシュ・ハワード
30オマリ・スペルマンマチェイ・ランペ

NBAドラフト2巡目

順位2018年2003年
31エリー・オコボジェイソン・カポノ
32ジェボン・カータールーク・ウォルトン
33ジェイレン・ブランソンジェローム・ビーズリー
34デボンテ・グラハムソフォクリース・スコーツァニーティス
35メルビン・フレザーシモン・シェブチック
36ミッチェル・ロビンソンマリオ・オースティン
37ゲイリー・トレントJrドラビス・ハンセン
38キリ・トーマススティーブ・ブレイク
39アイザック・ボンガスラヴコ・ヴラネス
40ロディアンス・クルークスデリック・ジマーマン
41ジャレッド・バンダービルトウィリー・グリーン
42ブルース・ブラウンザザ・パチュリア
43ジャスティン・ジャクソンキース・ボーガンス
44イスフ サノンマリック・バディアヌ
45ハミドゥ・ディアロマット・ボナー
46ディアンソニー・メルトンサニ・ベシロビッチ
47シヴィアトスラフ・ミキャリックモーリス・ウィリアムス
48ケイタ・バテス・ジョップジェイムス・ラング
49チメジー・メトゥジェイムス・ジョーンズ
50アリゼ・ジョンソンパッセリス・モルレンデ
51トニー・カーカイル・コーバー
52ビンセント・エドワーズレモン・ファン・デ・アーレ
53デボン・ホールトニー・スミス
54シェイク・ミルトンネドサド・シナノビッチ
55アロルダス・クルボカリック・リカート
56レイ・スポルディングブランドン・ハンター
57ケビン・ハーベイ薛玉洋
58トーマス・ウェルシュアンドレアス・グリニアダキス
59ジョージ・キング
60コスタス・アンテトクンポ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA